大学無償化に思う

「大学無償化」も話題になってますね。

これも「ほるすの目」で見るなら、まずは「本当に大学に行くことが必要か?」という問いから始まると思います。

私の時代はまだ「産業時代」で「大卒の肩書」があることが非常に有利に働きました。

しかし、今はどうでしょう?私の時代ほど(もしかするとまったく)「大卒の肩書」は役に立たないかもしれません。

本質は「そこ」にはもうない時代なのではありませんか。

まさに文科省が「教育改革」で言っていることですが、「知識偏重型」ではない「生きる力」を獲得することが大切なのではないでしょうか。

月並みですが、「コミュニケーション能力」「ITリテラシー」「フィナンシャルリテラシー」がしっかり身についていれば、自分の人生を守ることが出来るのではないでしょうか。

お子様が、進学以外にも夢を持っているのであれば、親からするとそれがどんなに「え?」と思うものであったとしても、一度相談に乗ってみてあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です