国家機密にあたるデータに限り日本企業のサービスを採用する方針を固めた

まず、やっとか、と思いました。

国の機密データを他国に任せるなんてあり得ん!とずっと思っていました。

しかも、そのデータを保管する場所も、他国になったら更に危険。

ー防衛装備や外交交渉の資料を含む最高レベルの「機密性3」や、漏えいすると国民の権利を侵害する恐れがある「機密性2」の一部などが対象になる見通しー

絶対守り抜かないといけない情報ですよ、これらは。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。