窓ガラスの大きなすり鉢状の凹み

今回の内容は、お金にもFPにも全く関係のない話ですが、困っている人が他にもいるはずなので書いておきます。

窓ガラスの室内側の凹みの方が外側の傷より大きい時は、外側から叩かれた可能性が高いです。

何も知らないと、傷の大きい方に直接力が加わったと思いがちですが、ガラスの場合は逆で、叩かれた方の逆側の傷の方が大きくなることがあるようです。

ガラスの素材、当たった物質にもよりますが、私が確認したものはボールもしくは、直径2,3センチの石程度のものが当たった場合、室内側には、直径5センチ程度のすり鉢状の深い凹みができました。
その時に発する音の大きさは、ビール缶をプシュッとする程度のもののようです。

そして、気を付けなければいけないのは、このことを殆どの方が知らないということ。
室内側から叩かれたものと信じてこんでしまうと、怖くて夜も眠れなくなります・・・

何でもそうですが、「自分で調べる」ことがとにかく大切です!

「ヘルツ破壊」という言葉で検索すると色々出てきます。
「誰か分からない人が室内に侵入し、何も盗らずガラスだけを室内から壊し、痕跡を一切残さず出て行った」のではなく「外から何かが当たった事故」だったと分かります。

室内から壊したものだと自分が壊したと疑われ、ガラス交換代金を自分で払うことになってしまうかもしれないので、しっかり調べましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。