楽しめるコトはいくつか持とう

コロナウィルスのせいで、息抜きできない(外出できない、人の集まるところに行けない)から気持ちが晴れない、ではだめだと思う。

どういう状況になっても生き抜ける力がないと、楽しく生きていけない。

今回のコロナウィルスによる様々な縮小等にように、急に自分の置かれている状況が変わることがあっても、ゴキブリのように生き延びなければいけない。

それには、どんなことにでも「一つに依存し過ぎ」はいけないのだと思う。

好きなこと、生き抜きができることとして、テーマパークに行ったり、コンサートに行ったりはとてもいいことだと思う。

しかし、それができなくなる状況に陥ったらフリーズしちゃう、ではいけない。

それに代わる別のコトも用意しておかなければならないと感じた。

外に行けないなら、イタリアの校長先生のおっしゃる通り、普段は時間がなくて読めなかったような本を読んだり、テーマパークに行っている感を味わえるよう映画や動画を見たりだってできます。

外の空気を吸いたくなったら、家の周りをぐるっと散歩でもいいでしょう。(人が密集していなければいいそうですので)

どういう状況に陥っても、平静を保ち心穏やかに暮らせるよう心がけていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です