路線価6年ぶりに下落

7月1日国税庁より路線価が発表されました。

全国平均変動率が6年ぶりに下落したそうです。

新型コロナウィルスの影響によるインバウンドの激減が要因だそうです。

調べてみると、インバウンドをメインターゲットとしたビジネスの土地需要が土地価格変動の要因とのこと。

ですから、今回の新型コロナウィルスは土地価格にはダイレクトアタックだったのです。

路線価は相続税や贈与税の計算のためや土地を売買されたい方にとっては、大切な情報。

国内の土地の価格が、インバウンドに左右されていたのか。

どこでどう物事が繋がっているか分からないものなんだな、と勉強になりました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です