洗濯機を買い替える時の注意

23年使った洗濯機を買い替えました。

動くことは動いていたのですが、脱水時の揺れと音がひどくなってきていました。

最初は値段を優先させ、ジェネリック家電を買うつもりだったのですが、

実際、電気屋に何度も足を運び、店員さんと話をしてみると、国産の商品の方が故障が少なく安心で使えることが分かりました。

値段は上がりますが、急に壊れてしまって使えなくなるストレスの方が耐えられない。

サービスセンターに電話したり、メールを送ったり、そういう手間の方が嫌だな、と。

店員さんに聞いたのですが、同じ電気店でも、エリアによって値段が違うようです。

品物や金額はネットで調べられますが、自分の利益になる情報は、店員さんからもらえるものなのだなと思いました。

そんなこんなでやっと商品を購入し、設置までこぎつけた時に、(しまった!)となってしまいました。

洗濯機を置く「防水パン」が劣化し、ひびがいくつも入っていたのです・・・

この時は、仕方なく設置をしてもらいましたが、できるだけ早く防水パンを交換しないと、洗濯機がずっこけてしまう可能性がありました。

私が購入した店は、大手電機店ではありません。

ですが、設置に来てくださった方もとても親切で、必要な材料やもっとしっかり支える方法などを教えて下さいました。

うちの洗濯機設置はかさ上げ方法がかなりレアなものでした。

通常のかさ上げ高さより高くしないと、排水が流れない・・・

それは、マンションの仕様なのでリフォームでもしないとどうにもならないものでした。

今ある環境のまま使うしかない!

市販されているかさ上げ用の「足」では、洗濯機の重さを支えられなさそうでした。

なので、私はブロックで支えることにしました。

そのブロックなのですが、「軽量」と「重量」タイプがあることをご存知ですか?

私は初めて知りました。

私は、重量タイプのハーフサイズを購入しました。(1個100円ほど)

それを床に直置きし傷つくのが嫌だったので、防振ゴムシートも購入し、床とブロック、ブロックと防水パンの間にかませることにしました。(1枚40センチ四方400円ほど)

どちらもホームセンターで購入しました。

現在は、音も全く気にならず安心して使っております。

長くなってしまいましたが、洗濯機を買い替える時には、防水パンの交換も視野に入れた方がいいですよ、ということをお伝えしたかったのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です