株の動向など

株価が暴落しています。

損をしている人も多いはず。

ですが、この株価が下がっている時期は、「買い」だったりするのです。

事実、証券会社からのメルマガはそういったものも増えています。

安い時に買って、高いくなって売れば儲かりますから。

メルマガで薦められても、その内容を鵜のみにするのではなく、自分なりに調査をしてから決めないといけないですね。

私がやっている投資信託では、「購入時手数料」「運用管理費用」「信託財産留保額」「代行手数料」が掛かります。

これらの手数料は、販売会社やその投資信託ごとに違うのです。

あと、 投資信託には「パッシブ運用」と「アクティブ運用」という運用手法があります。

ちょー簡単にざっくり説明しますと、パッシブ運用とは、平均的な動きに連動する運用方法、アクティブ運用とは平均的な動きを上回るように運用する方法です。

一見すると、アクティブ運用の方が儲かりそうじゃん、と思うかもしれませんが、アクティブ運用は「ハイリスクハイリターン」 です。そして、一般の人には難しく、これで儲かるようにはできない、というアドバイスが多いのです。

今日は、ちょっと難しいお話をしてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です