後期高齢者医療制度改正(2022年10月より)

今までは、現役並所得者(3割)とそれ以外の2区分でしたが、2022年10月より一定以上の所得で医療費負担が2割になる区分も増えるようです。
後期高齢者医療制度の被保険者の約20%が変更対象となり、医療費の自己負担が増えることになります。

現役世代の負担を抑え、国民皆保険制度を継続させていくためのようです。
今後もどんどん負担は増えていくことでしょうね。

後期高齢者になると、収入の殆どが年金に頼ることになります。
2022年4月から年金の繰り下げが始まりましたが、所得が増えることで、税金や保険料が増えてしまい、逆に生活が苦しくなっている事案もあります。
今後は、後期高齢者医療保険の自己負担割合増加も頭に入れ、年金の繰り下げ判断をする必要がありますね。(難しいな~)

自分が後期高齢者になった時、どれだけ頭がまともに働くか心配(笑)なので、情報は常にアップデートさせていきたいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。