政治orマーケティング?

参議院選が終わりましたね?みなさんの期待通りの結果になったでしょうか?私は党というよりは、やはり政策重視で選ばせてもらいたいです。結果は・・・。まあ、それは置いておいて。NHKの政見放送を見て驚きました。「●●●から国民を守る党」のT代表のあの主張です。私はT代表の主張に反対ではないけれども、それだけで選挙に出てしまい、しかも当選してしまうという・・・。私の常識では、さすがに言ってることはわかるけど、参議院選挙で「NHKはスクランブル放送にすべきである。受信料は踏み倒せ」みたいな主張だけで国民が彼を選ぶのだろうか、という疑問があったんですよ。でも、私は時代遅れだったようです(苦笑)。それで、なぜ国民が彼を選んだのか(党というよりは彼個人ではないかと私は思います)を考えてみました。そこで出た仮説は彼は有能なマーケッターだったのではないかということです。批判しているのではありません。彼自身も狙っていたのでは?ということです。「勝てば官軍」という言葉がありますが、表舞台に立てなければ、志は多くの人に伝わらない。どんなにくだらなく見えても国民の心に響き?印象が残れば、今回のように当選することが出来る。これがT氏の本音なのかも・・・なんて勝手に想像しています。あくまでも私の想像です。クレームは勘弁してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です