今日のGoogleのトップページ

今日のGoogleのトップページは“消毒の父“ことゼンメルワイスさんの功績を再認識させる記事でした。

画像を見たとき、即座に「手洗いのことだな」と分かりました。何より、再生マークがピコピコ?動いていたので、思わず押してしまいました。(笑

手洗いのやり方を楽しい音楽 (無意識に体をゆすってしまいました) と共に見られました。

そして、最後の「ピュ~ポンッ!」という音。いかにも、子どもが喜びそうな音です。

子どももそして、私たち大人もこの動画をたくさん見て欲しいです。

手洗いって本当に簡単です。

メルワイスさんは「手洗いで出産が終わった後の母親を救える」と訴えていました。(詳しくはGoogleに載っています)当時は全くこの意見が受け入れられなかったので、メルワイスさんは”不遇の天才医師”と言われていているようです。

周りに認められなくても、自分の考えを貫いたメルワイスさんの努力により、現代の私たちは「手洗いの重要さ」を知っています。

薬を飲んだり、何かを塗ったり、スプレーしたりではなく、「単に手を洗う」だけ。

余計なものを体に取り入れることなく、健康を保てるのだから、やっぱやるべきでしょ、です。

ただ、ちょっとここで私の情けない体験を付け加えておくと。。。

よく見かける青いせっけん液。

去年、インフルエンザが蔓延していた時、あれで頻繁に手首まで洗っていたら、洗っていた面全て(手首まで)にひどい湿疹が出来てしまいました。

皮膚科に通い、ステロイド剤をもらうことになりました。

あの青いせっけん液は洗浄能力が高すぎるのかもしれないので、ご注意を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です