株相場の動き

「金と株は逆の動きをする」と普通言われているのですが、今は金も株も下がっています。

どうしてかというと、「ある一定以上の下げ相場になると全てのものの投資から、投資家が手を引く」からだそうです。

しかも、今は債券まで下がっています。(全部下がっている感じです)

コロナウィルスが収束の兆しを見せないと、株相場は上がらないようです。

当分の間、下がり続けるだろう、と予想していらっしゃる方がいました。

でも逆に、底値の時に買えば、そこから上がっていくので、その先何十年と利益が取れるようになります。

利益を出せるのは、相場が下がっている時だそうです。

リーマンショックの時の儲けはかなりの額だったとか。

世の中の動きに続き、株が動くのではなく、株の動きを見て、世の中が動くのだそうです。

投資家は常に先を見ないと痛い目に遭います。だから、投資家の動きの方が先で、世の中はその動きに追随しているだけ、なのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です