トイレ交換工事完了

トイレが古く、修理を2度ほどしていたので、新しいものに交換しました。

壁紙、床はきれいだったのでいじりませんでした。

決して安くない買い物なので、当然相見積もりは取りました。
「これを外したら金額は変わるのか」「これ以外の素材はないのか」と何度も再見積もりを頼みました。
店舗にとっては、100%面倒な客だったはずです。(笑)

トイレでよく壊れるのは、手洗い箇所系と電源付き便座だと思ったので、その両方とも排除しました。
どちらも値の張るものです。
ただ、うちのトイレ室内の構造上、流しレバーの位地交換が必要だったため、そこには余計に5000円掛かりました。

壁から水を引く管も小さくスッキリしました。
とにかく、新しいトイレは、水の使用量が全く違います。
何といっても、「大」と「小」で選択できるのがいい。(古いものは選択できませんでした。)
だって殆んど「小」ですからね。
以前のトイレは、一度流すと水が溜まるまで結構時間が掛かっていました。
交換後はあっという間に止まります。

今は電源系便座の搬入が遅れているので(半導体不足と言っていました)、私が発注したちょーノーマルトイレを頼む人が多いらしいです。
殆んどの人は壊れてから購入するので、選択の余地がない、そうです。

私は、近くの工務店がキャンペーンを行っていたので購入に踏み切りました。
近所の工務店と仲良くなっておくと、何かと安心だと思うので、今回の選択は間違いではなかったと考えます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。