コロナの後は雇用危機・・・

コロナ禍の真っただ中で、世親的にも大変な時ですが、この時にあえて考えてみたい。

”在宅勤務がもたらす今後の雇用のあり方”

会社側が、社員を在宅勤務や、出社させる人数を制限する方法を模索する中で、

「この部署いらないな」とか「この人いらないな」が出てくるのは必至。

コロナ禍の後は、サラリーマンにとって厳しい時代が来ると思います。

日本は、世界と比べアナログに頼りすぎていたことへのツケを払う時が来たのです。

会社組織に頼っていれば、チームでなんとなく仕事ができていた。

しかし、一人で仕事を片付けていくには、アナログ人間だと太刀打ちできない。

Web会議一つにしても、アプリを入れたり、パソコンを設定したりしなくてはいけない。

会社で仕事をしていたら、こういう事はシステム部の人がやってくれたかもしれない。

でもこれからはそうはいかないのです。

最悪、それができないとクビを切られるかもしれない・・・

在宅勤務になり、最初の頃には呼ばれていたWeb会議にだんだん呼ばれなくなり、指示される仕事が少なくなり、そのまま在宅勤務という窓際族・・・にされてしまう可能性もある。

自分がそうならないために、早目に生き残り策を考えておくべきであろう。

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。』 byダーウィン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です